初めての住宅ローン サイトメニュー 憧れのマイホームまでの道のり

不動産購入時の住宅ローン申込みの流れを紹介

1.予算を立てる(資金計画)
住宅購入に際し、用意可能な頭金、借入額を算出し、購入価格の目安を立てる。
前もって予算を立てておくことにより、無理のない返済での購入が可能になります。
2.物件選び
1で立てた予算前後で、購入する物件を探します。エリア、間取りなど、物件条件を検討し、優先順位をつけて一番納得できる物件を見つけましょう。
納得できるまでたくさんの物件を見に行くのも良いでしょう。
3.購入申込み
「ビビビッ」とくる物件が見つかり、条件とマッチすれば、購入申込みをします。
購入意思証明として、不動産屋へ10万円程度の申込証拠金が必要となるケースもあります。
4.売買契約の締結
不動産売買契約書の「重要事項の説明」を受けて、正式に売買契約を結びます。
この段階では頭金の一部を手付金(購入価格の10~20%程度)として支払います。
諸費用には、契約書に貼る印紙代なども必要です。
5.住宅ローン申込み
借入額、返済期間など無理のない返済計画で、金融機関にローン申込みを行います。
不動産会社にもよるが、印紙税、保証料、火災保険料、事務手数料などのローン諸費用や、登録免許税、登記代行手数料などの登記費用を、住宅ローン申し込み前後で支払うケースが多いです。
6.ローン契約
金融機関の審査がおりると、正式にローン契約を結びます。
7.残金決済・物件の引渡し・登記
頭金を払ったあとの残りの売買代金や諸費用を支払った後、物件の鍵を受け取ります。
この際、司法書士に代行してもらい、所有権や抵当権の設定を行います。
このあとから、住宅ローンの支払いが始まります。

人気サイト

$seolink